藤吉秀樹建築計画事務所

画像1

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24 画像25 画像26 画像27 画像28 画像29 画像30 画像31 画像32 画像33 画像34 画像35 画像36 画像37 画像38 画像39 画像40

Photo : 新建築写真部

上原の家

所 在 地:東京都渋谷区上原
施   工:株式会社岩本組
敷地 面積:208.267㎡
建築 面積:124.896㎡
1階床面積:  118.27㎡
2階床面積:106.444㎡
延べ床面積:224.714㎡
構造・規模:RC壁式構造・2階建

敷地は東西に長い敷地で、近隣に緑が多く残っている閑静な住宅地にある。その緑豊かな環境に溶け込ませるように、樹々の狭間に建っているような住宅を造ることを考えた。
中心部に中庭を設け、隣り合う2階レベルの庭と二層に樹木を配することにより、道路越しにある高い隣地の樹々と視覚的に繋げることで借景となり、豊かな緑に囲まれていると感じることができる様に、小さな庭を配置した。
道路からのアプローチは、狭く効果的に緑化された玄関ポーチを通り、コンクリート壁やコールテン鋼の天井により、僅かに圧迫感を与える様に意図的に行った。そして、コールテン鋼製の玄関ドアを開けると、広いギャラリー空間により意識が解放される。その視覚の先には硝子とステンレス製の階段、そして、それを明るく照らし出すトップライトからの光と中庭からの自然光。中庭の樹木と杉型枠のコンクリート壁そして光、といったシークエンスが心地よく出迎えてくれる。
1階には子供室と予備室、2階は主寝室とリビングダイニングという構成になっている。階段を上がると1階から2階へと連続する樹木の緑が広がっている。部屋の奥にある特殊な金属で仕上げた壁が、視線を奥へと誘導する。そして、その奥の2階レベルにある庭は、上部の丸くくり貫いた穴から、樹木の枝が空へと延びてゆき、意識を天 空へと向かわせる。